1. トップページ
  2. 会社情報
  3. 沿革

沿革

事業沿革

1986年4月 心臓ペースメーカの販売とフォローアップ業務を目的として、東京都板橋区に(株)ヘルツを設立
1992年1月 カナダ Quinton社製 心臓電気生理検査用コンピューター「EP Lab」の輸入販売を開始(現在は販売終了)
1997年3月 自社商品拡大のため医療機器輸入会社(有)シー・エム・アイジャパンを子会社化(本店 東京都豊島区)
1997年11月 (有)シー・エム・アイジャパンを株式会社に改組
2000年2月 米国 ACIST社製 自動造影剤注入装置「ACIST」の輸入販売を開始(現在は販売終了)
2001年9月 日本で初めてAED(自動体外式除細動器)を販売(日本航空の航空機内に搭載)(現在は販売終了)
2001年10月 (株)シー・エム・アイジャパンをディーブイエックスジャパン(株)に商号変更
2003年11月 米国 Spectranetics社製 エキシマレーザ血管形成システムの輸入販売を開始(冠動脈治療)
2004年2月 ディーブイエックスジャパン(株)を吸収合併するとともに、商号を(株)ヘルツからディーブイエックス(株)に変更
2004年11月 エキシマレーザ血管形成システムの高度先進医療承認を取得(冠動脈治療)
2007年4月 ジャスダック証券取引所(現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に株式を上場
2010年4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に上場
2010年6月 (株)メディカルプロジェクトより、医療機器代理店事業部門を譲受
2013年7月 大阪証券取引所と東京証券取引所の現物市場の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場
2013年12月 東京証券取引所市場第二部に上場
2014年9月 東京証券取引所市場第一部に上場

会社情報/IRに関するお問い合わせ