1. トップページ
  2. 会社情報
  3. 経営基本方針
  4. 情報開示基本方針

経営基本方針

情報開示基本方針

当社は、企業価値の増大に最大の注意を払い長期かつ安定的な利益還元を目指すとともに「人に優しい医療」という経営理念のもと、すべてのステークホルダーに対し、透明性、公平性、継続性を基本に会社法や金融商品取引法等の関連法令および東京証券取引所の定める適時開示に関する規則を遵守し、タイムリーな情報提供に努めることを基本方針としております。

1.適時開示業務を執行する体制

適時開示業務については、IR規程を定め、情報開示担当役員の責任の下、経営管理部が行うことで、情報公開の一貫性・統一性を維持しております。また、適時開示すべき重要事実については、取締役会等での決定後、速やかに開示を行っております。

2.情報開示の方法

適時開示規則に規定された重要事実の開示は、証券取引所が提供する「TDnet」において行います。また、公表した情報は、適時当社ホームページに掲載いたします。
重要事実に該当しない情報につきましても、当社をご理解いただくうえで有用な情報と判断されるものにつきましては、積極的に当社ホームページ等を通じ開示いたします。

3.開示体制の整備

情報開示の網羅性、適正性、および適時性を確保するため、内部統制および開示統制を構築してまいります。また、監査役会や外部専門家等と連携を図り、その統制システムの妥当性と運用の実効性を高めてまいります。

4.決算に関する沈黙期間について

決算情報の漏洩を防ぎ、開示の公平性を保つため、各四半期決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間と定め、決算内容に関するコメントや質問に対する回答を差し控えさせていただきます。ただし、当該期間中に、公表済みの業績予想と大きく乖離する見込みが出てきた場合には、適時開示規則に従い適宜公表してまいります。なお、沈黙期間であっても、決算に関連しない会社の経営戦略等に関するご質問に限り対応いたします。

会社情報/IRに関するお問い合わせ