1. トップページ
  2. なんだろなBOX
  3. 心筋梗塞・狭心症ってなんだろな?

心筋梗塞・狭心症ってなんだろな?

心筋梗塞・狭心症ってなんだろな?

心臓は厚い筋肉(心筋)からできた臓器であり、その心臓に血液を送っている血管を冠状動脈といいます。
この冠状動脈がコレステロールの蓄積などにより狭まったり、詰まってしまうと心筋に充分な血液を運搬できなくなり、心筋が酸欠状態になってしまいます。この状態を虚血性心疾患と言い、代表的なものに狭心症心筋梗塞があります。

狭心症とは冠状動脈の局所が狭まったり、痙攣を起こすことにより血液の流れが悪くなり、心筋に充分な血液を送れずに酸欠になっている状態をいいます。

一方、心筋梗塞とは、冠状動脈の局所で血管が閉塞することによって、血液が流れなくなり心筋が壊死してしまうことです。

共に冠状動脈の血液の流れが悪くなることが原因となるため、状況を改善する必要があります。その代表的な治療法が経皮的冠動脈形成術(PCI)です。

PCI冠状動脈の狭まった局所を拡張させ、血液の流れを良くする方法です。これには小さな風船(バルーン)を用いて拡張させる方法や、小さな金属の支え(ステント)を用いる方法があります。

バルーンを用いる方法では、先端に風船のついた細い管(カテーテル)を足の付け根の血管(大腿動脈)や手首の血管(橈骨動脈)から挿入して冠状動脈まで進めます。そして閉塞部や狭窄部で風船を膨らませることにより、詰まっている原因となる異物を押し上げ血液の流れを良くする治療です。

心筋梗塞・狭心症ってなんだろな?

関連商品